参拝している男性

供養について考える

仏壇の花

最近では葬式には色々な方法ができています。その中でも特徴的なものが、親戚や友人に声をかけずに、家族のみで行なう家族葬や、僧侶を呼ばないで御経をあげない無宗教葬です。また、個人の遺言を尊重して行なう場合が多い、火葬のみといったケースも多くなっています。こうして、色々な葬儀がありますが、それが良いといったわけではなく、それぞれ故人や家族の意見を尊重することが大事になるのです。そのため、葬儀業者を選ぶ際は家族の意見を尊重する業者選びをした方が良いでしょう。このように、近年葬儀の形式が変わってきた理由は費用の面だけではなく、供養の考え方が変わってきているといえます。もちろん、費用が安いことにこしたことはないのですが、現代の人が一番大事にしているのは故人を思い出すことなのです。盛大な儀式をしない傾向にありますが、四十九日や一年忌、三回忌はきちんする人が増えています。その当日には家族だけでも集まり、会食等をすることが大事なのです。このように、思い出すことが供養として重要と考えるようになっています。しかし、葬儀が重要ではないわけではありません。必ずしも盛大な葬式をする必要がなくなっているのです。そのため、葬儀業者を選ぶ際には自分ら家族の意見を尊重する業者を選び、しっかり故人を供養してあげましょう。最近では知られてきていますが、病院で人が亡くなった時、そのまま病院が紹介する葬儀業者が存在します。しかし、プランが少ないので高額になる場合が多いようです。

注目の記事

  • マナーを知っておこう

      手を合わせる男性

      武蔵野市では一度も葬儀に出席したことがない人がたくさんいます。いつそんな日がきてもいいように、マナーを覚えておくようにしておく必要があります。あまり人には聞きにくいことなのでインターネットを活用しましょう。

      Read more

  • 直接予約はできない

      2つの数珠

      まるで豪華ホテルのような桐ヶ谷斎場はとても人気があります。そのため、予約制になっていて、実際に使いたくても使えない人が多いようです。しかも、一般の予約ではなく葬儀業者からの予約が必要になるので業者選びは重要になります。

      Read more

  • 葬儀の後の礼儀はしっかり

      骨壷と遺影を持った男女

      家族の葬儀の後はまだまだすることがたくさんあります。その中でも礼儀はしっかりしておいた方が良いでしょう。病院から近所の人まで、お世話になった人にお礼の気持ちを伝えましょう。

      Read more

  • 手続きは早めに進めよう

      香典を持った女性

      家族が亡くなったら多くの手続きが発生します。同時にたくさんの手続きを進行するのは大変ですので、書類は整頓しながら慎重にしましょう。また、故人が入っていた保険は調べる必要があります。

      Read more