マナーを知っておこう

手を合わせる男性

武蔵野市を含め日本では身内や家族が亡くなったら葬儀をしなければなりません。しかし、頻繁にある行事ではないため、どうしたら良いのかわからない人が多くいます。武蔵野市でも一度も葬儀をしたことのない人がたくさんいるので、失敗してはいけないマナーについて調べておきましょう。まず、服装についてですが、武蔵野市を含め、全国で基本的に喪服を着用します。喪服はフォーマルなスーツやワンピースですが、形よりもカラーが重要になるのです。通夜の時の服装は、黒や漂紺、ダークグレイの内いずれでも可能で、ネクタイや靴に関しても同じになります。そして、模様や靴の金具はないものが理想です。その後の葬儀の日はさらに改まる必要があり、服装の色はシャツ以外黒で統一しなければなりません。また、女性はアクセサリーやネイル、濃いメイクもマナー違反になるので控えましょう。基本的には結婚指輪以外は着けない方が良いでしょう。そして、男性の注意しなければならないのがネクタイピンを着けてはいけないということです。服装以外にもマナーが必要となるのはまだまだたくさんありますが、特に気をつけなくてはならないのが不祝儀袋になります。服装は大体の知識はあっても、不祝儀袋は武蔵野市を含め全国的に間違った事例が多いです。表書きは宗教によって書き方が変わったりしますが、中包に関しては漢数字が一般的になります。普通の「一二三」は「壱弐参」で書き、「十万」は「拾萬」と書きましょう。このように、武蔵野市で葬儀を行う場合はマナー違反しないように気をつけましょう。